1. TOP
  2. スキンケア
  3. 目の下のたるみを解消して明るく若返る方法

目の下のたるみを解消して明るく若返る方法

 2017/09/19 スキンケア 美容
 

「顔が疲れて見える」「老けたね」・・・何気なく言われた言葉って傷つきますよね。
どれ?と鏡を見れば、顔の重心が下に下がっているような気がする。

そう見えるのは、たるみが原因です。

特に人の目線を集めやすい目の下のたるみは、本来は輝いているはずの瞳もきれいに見せてくれません。最も気になるポイントと言えるのではないでしょうか。

今回は、そんなたるみを徹底追及して、解消します!
即効性のあるアイテムやエクササイズで目の下から目力アップ!
キラキラ瞳を目指しましょう。

目の下のたるみの原因

老けた印象を作る目の下のたるみ。そもそもどうして起こるのでしょうか。
主な要因は3つあります。一つずつ検証してみましょう。

① 繊維芽細胞の弱体化

年齢を重ねると、真皮の繊維芽細胞が弱りコラーゲンやエラスチンなど肌のハリの元になる成分を作る機能が衰えます。すると、肌は重力に逆らえずシワやたるみを作りながら下に下がるのです。

最初に出やすいのが頬の毛穴のたるみです。そこが緩むことにより目の下まで引き下げられてしまいます。

②真皮と表皮がずれる

肌の弾力を保つ皮膚本体が真皮です。そして、その上で潤いを維持するのが表皮。若い時はこの2つがしっかりと結びついているので、もっちりとハリのある肌を作っていますが、加齢によりこの結びつきが弱くなります。

すると真皮と表皮がズレ、たるみを作り出すというわけです。

特に目の周囲は皮膚が薄いので、たるみやシワになりやすいです。ゴルゴラインと呼ばれる目の下から頬にかけて斜めに形成されるたるみはこのズレが原因で引き起こされます。

③筋肉の衰え

顔にも筋肉がたくさんあります。普段私達が笑ったり怒ったりという表情も筋肉によって作られます。それと同時に重力に逆らっているのも筋肉。ところが、筋肉は年齢とともに衰えていきます。

引っ張り上げる筋肉の力がなければ、当然肌はたるんでいきます。特に脂肪の多い方は脂肪の重みでたるみの勢いは加速しますので、注意したいですね。

それ以外にも乾燥や紫外線、急激なダイエット、表情のくせや噛み癖、間違ったマッサージ法などによりたるみは起こります。

なかなか手ごわそうですが、確実に効く美容方法でたるみを解消していきましょう!

 

目の下のたるみの解消方法

まず大前提として目の疲れを防ぎましょう。
目が疲れると目がショボショボしますよね? それです!
そのショボショボ感こそ血流の低下を招き、さらには筋力の低下も招きます。

瞳自体も疲れているため目もとが美しく見えません。
コンタクトレンズをしている方は目薬などで瞳の保湿をしてください。

パソコンを使うお仕事の方は、時々目を閉じて目の休憩をはさみましょう。

スマホ画面を長時間見続けるのもNGです。夜更かしはやめて、たっぷりの睡眠をとりましょう。

これらの事を日常から気をつけているだけで、目の周囲は少しずつ変わってきます。

 

目の下のたるみを解消するには?

前章で繊維芽細胞の弱体化により、肌のハリを作るコラーゲンやエラスチンが生成されなくなるとお話ししました。

肌代謝アップのためにピーリングが良いのでは?と思う方もいらっしゃるでしょう。

目の周囲は薄い皮膚でできていますので、ピーリングは避けてください。薄い皮膚が傷つくことによってシワができ、更なるたるみを招きます。

コラーゲンは肌表面から入れれば良いのです。コラーゲン入りの化粧品は保湿効果が高いのでシワ予防にもなります。

さらに、肌奥のコラーゲン生成を促すレチノール配合の化粧品も使いましょう。肌内部のコラーゲン量をふやしてくれます。

目の周囲には化粧水の他にアイクリームもプラスして保湿にこだわったケアをしましょう。

 

むくみ除去も重要です。目の周囲は皮膚が薄く、骨のまわりに隙間が多いので水がたまりやすい場所です。

そこで、目のまわりに暖かいタオルと冷たいタオルを交互にあてて血流を良くします。これだけで、たるみが劇的に減ります。

その他、湯船に浸かっての入浴も習慣化させましょう。むくまない体を作ってくれます。

リンパマッサージもおすすめです。不要な水分を流してくれるだけでなく、不自然な筋肉のこわばりをなくし、表情癖をなおしてくれます。

やり方は以下の手順です。

  1. クリームや美容液で肌表面を保護した後におこないます。
  2. 目の周囲は皮膚が薄いので、力を入れすぎないように注意しましょう。
  3. 目の下、鼻側からこめかみ方面に向けて目のラインにそってなぞります。そのまま目の下全体、鼻がわから耳方面へと流すようになぞります。
  4. 目じり側、こめかみを指で上下になぞります。
  5. 耳横を指で上下に。
  6. そのまま指をあごの方に移動させて、首から鎖骨へ。
  7. 最後は肩から内側へ鎖骨に沿って手指をスライド。リンパの流れを促します。

 オススメ  顔やせリンパマッサージのやり方。短時間で小顔に変身!

 

目の下のたるみに有効なアイテム

ここまでの内容でお分かりのように、加齢による衰えから目の下のたるみが起こるというのがお分かりいただけたかと思います。

ですから30代からのアイケアは絶対に必要です。

では、どのようなアイテムを取り入れれば良いのでしょうか。以下にいくつかご紹介します。

スキンケア編

レチノール入り化粧品 : 肌にハリをもたらすコラーゲンの生成をうながして、たるみをグッと持ち上げます。

ビタミンC誘導体やポリフェノール配合の化粧品 : 抗酸化力を高めて加齢による肌のたるみをおさえます。

ビタミンE配合の化粧品 : 血行促進効果で代謝をアップ。むくみの重さによるたるみを解消します!

メイク編

パール入りコンシーラー : ゴルゴラインのようなたるみをパール効果で目立たなくします。ポンポンとのせて指でよくなじませたら、マット系のパウダーでツヤを抑えましょう。

アイライン&マスカラ : 目力アップに効果大です。目の力でたるみに視線がいかないようにしましょう。

 

番外編

低周波美顔器 : 衰えた顔の筋肉を鍛えることによって、たるみを引き上げます。表情ジワの定着も防げて一石二鳥ですね。

美容医療 : コラーゲンの生成をうながすための高周波治療(サーマクール)や超音波(肌の奥からたるみを引き上げる)などがあり、その日から効果が出るのが特徴です。

痛みや施術の持続期間など違いがありますので、美容クリニックで診てもらってください。

オススメ  日本初!プラセンタの10倍配合のシミ・シワ対策のオールインワンジェルの効果は?

 

たるみ解消のエクササイズ

お風呂に入っている時など血行が良くなっているときがおすすめです。

かたくなっている筋肉をマッサージでほぐした後、エクササイズで顔筋をしっかり鍛えていきましょう。

顔の筋肉をほぐすセルフマッサージ方法

  1. 首の後ろをもみほぐします。その後は肩をもみほぐしましょう。
  2. 次に耳を軽くつまみ円を描くように動かします。そして耳たぶの後ろあたりをマッサージした後、鎖骨のくぼみまで指を動かしてリンパを流します。
  3. 次は鼻筋の脇をマッサージします。まず、親指を小鼻に。4本の指は額に軽く添えます。親指に力を入れて、グイグイと押し上げるように親指の位置を上げていきます。
  4. そのまま、眉頭の下まで鼻筋に沿ってマッサージしましょう。

 

目もと周辺のマッサージ

中指で眉頭から眉尻までを小さい円を描くようにグルグルとマッサージします。円を描く方向は外側に向けてください。そのまま眉尻から下まぶたの目尻までグルグル。そして、目の周りもグルグルしながら一周しましょう。

最後にこめかみのあたりでグーを作って、軽く上下左右に動かします。
その後、耳をつかみ外側に引っ張って終了です。

これで顔の筋肉がほぐせるだけでなく、リフトアップ効果も期待できます。

注意点は力を入れすぎないこと。過度のマッサージは皮膚へのダメージを大きくしますので、やさしくしてください。

顔のエクササイズ

緩んだ筋肉を鍛えて引き締めます。

まず、あいうえおの「お」の形に口を開けます。上の歯に上唇を巻き込むくらい大きく開けます。

その状態で、目を閉じたり開けたりとパチパチします。

頬骨の一番高い部分を指で持ち上げながらすると効果的です。
このエクササイズで下まぶたの筋肉を鍛えることにより、目の下のたるみを引き上げます。

美しい瞳をつくるエクササイズ

額にシワが寄らない程度に目を大きく見開きます。

そのまま、上→右→左→下と眼球を10秒ずつ動かします。

これだけで、キラキラの瞳を手に入れられます。

 

いずれも短時間で済むエクササイズなので、ぜひ日常に取り入れてみてください。

たるみの悩みが解消できるはずです。

 

まとめ

いかがでしたか?

大人の女はとびきり輝いている! その輝きを曇らせる目の下のたるみは真っ先に解消しちゃいましょう。

マッサージやエクササイズは気持ちよく、とても楽しいものです。スキンケアと組み合わせて、楽しみながらたるみに打ち勝ちましょう!

あなたにおすすめの記事

✔ ターンオーバーを理解してお肌を生まれ変わらせる方法

✔ もっちり美肌になるための大人気クリームはローヤルゼリー入りだった!

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

美style(美スタイル) | 美しく活躍する女性を応援するWebマガジンの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美style(美スタイル) | 美しく活躍する女性を応援するWebマガジンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 30代から始める美肌作り入門!スベスベ美肌になる方法

  • 日焼けはお肌の大敵!しっかり日焼け対策をして潤いある肌を保つには?

  • 肌荒れは食べ物が原因?美肌になるための食事法

  • 日々の小さな努力が美肌を作る!美肌の作り方の基本原則はこれ

  • ステッパーダイエットの足痩せ効果がすごい!正しい足痩せの方法は?

  • 肌荒れを早く治したいあなたへ。肌荒れ改善のポイントは?