1. TOP
  2. スキンケア
  3. シミ・そばかすに効果的なスキンケア

シミ・そばかすに効果的なスキンケア

ある日、鏡を見て感じる違和感。
あれ? こんなところにほくろが? そばかすが? 茶色の丸が・・・?

突然あらわれる、それらがシミです。
できる原因は様々で、短期間ではなく、長い間の蓄積が肌表面にあらわれたものです。

そっか、長い間の結果なのね。じゃあ、もう消せないの?
そんなことはありません。長い間の蓄積でできたシミはたゆまぬ努力で取ることができます。

今こそ、シミ・そばかすの原因と効果的なスキンケアを徹底解明してキレイを手にいれましょう!
絶対あきらめない! これが今回のシミ・そばかす撃退のテーマです。

シミ・そばかすができる原因

まず、シミ・そばかすのことを知りましょう。
シミは、メラニンという色素でできています。メラニンはたんぱく質の一種で、肌を紫外線から守ってくれるという役割をもちます。

本来は紫外線を吸収するはずのメラニンがなぜシミに?
そこには肌のターンオーバー異常という要因があります。

肌の表皮は通常約28日周期で入れ替わります。
その時に出てくるのが表皮の下の細胞ですが、表皮は紫外線を浴びると新しい肌細胞を守るためにメラノサイトという色素細胞に指令を送ります。

メラノサイトとしては守れと言われたからには全力で守ると言わんばかりに、メラニンを生成します。やがて、そのメラニンも肌のターンオーバーによって表皮に押し上げられ角質とともにはがれ落ちます

メラノサイトはいつも全力細胞ですから、紫外線を浴び続けているとメラニンを生成し続けます。そこに、ストレスや、加齢、過度の日焼け、肌への刺激などでターンオーバーの周期が乱れると、代謝異常が起きます

それにより、はがれ落ちるはずのメラニンが肌表面に残り、色素沈着してシミになるというわけです。

シミにはさまざまな種類があります。
ここで自分のシミがどの種類なのか知っておきましょう。

炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)
色:薄茶色  形:様々 全身にできる可能性あり
主に強い肌刺激で起こります。マッサージやムダ毛の処理、ニキビ、かぶれなどから起こる炎症が色素沈着として残ったものです。

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)
色:薄茶色、黒色 形:不定 全身にできる可能性あり
キングオブシミ。主に紫外線の影響から起きる色素沈着で、若い世代から発症することもあります。シミ界のエリート。

雀卵斑(じゃくらんはん、そばかす)
色:薄茶色、黒色 形:点々と広がる 額、鼻、頬などにできやすい。
そばかすは遺伝性のものがほとんどです。紫外線の影響で点の数が増えたり、色が濃くなったりします。

肝斑(かんぱん)
色:薄茶色 形:目の下のクマのような形 30代以降、頬骨に沿って出る。
頬の頬骨のライン目の下に左右対称であらわれます。額や上唇にあらわれることも。30代から40代の女性にあらわれ、女性ホルモンが関係します。シミ界の女王。

花弁状色素斑(かべんじょうしきそはん)
色:薄茶色 形:花びらのような形 背中や胸元、足や腕など。
ひどい日焼けによりできる。紫外線を多く浴びた背中や胸元、腕などにたくさん出る。

脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)
色:薄茶色、黒色 形:盛り上がる形状 全身にできる可能性あり
イボのように盛り上がって、かたくなる。日焼けからくる角質の老化現象だが、若い世代から出ることもある。角化するので気にする人が多い。

さあ、ご自分のシミタイプは分かりましたか?
それぞれの症状に合わせた的確なスキンケアをおこないましょう。
まだシミができていない方は予防しましょうね。

 

シミ・そばかすに効果的なスキンケア方法

それぞれのシミタイプに合わせた効果的なスキンケア方法を知っておきましょう。

炎症性色素沈着
炎症性色素沈着は肌の炎症から起きるもので、シミというより傷跡に近いものです。

いずれ消えるものもありますが、今すぐ何とかしたい方は以下の方法でケアしてください。

まずは、脱毛や肌に合わない化粧品の使用など、肌に負担をかける行為をやめましょう。
洗顔やクレンジングは刺激の弱いものでおこない、こすらないようにします。
美白効果のある化粧水の後、ビタミンC配合のクリームでケアしましょう。

ハイドロキノンという美白成分が含まれた化粧品も良いでしょう。

老人性色素斑
一般的にシミと呼ばれているのが老人性色素斑です。
肌のターンオーバー異常によりあらわれます。老人性とはいいますが、10代から出ることもあります。

ビタミンAやビタミンC、L-システイン配合のサプリメントが有効です。体の中からシミケアをしましょう。

スキンケアでは高濃度リン酸ビタミン配合の化粧品を使いましょう。美白効果が高いです。また、以下にあるような美白成分が入った化粧品が安心です。

厚生労働省が認可した美白成分
・ビタミンC誘導体 ・エラグ酸 ・アルブチン ・カモミラET ・トラネキサム酸 ・ルシノール ・プラセンタエキス ・リノール酸 ・t-シクロアミノ酸誘導体

 

雀卵斑
そばかすは遺伝的なもので、最もやっかいと言えます。
幼児期からあらわれます。紫外線の影響で濃くなりますので、日焼け止めを塗り、紫外線は徹底ガードしましょう。

簡単に消すにはレーザー治療が簡単です。
レーザーはちょっと・・・という方はローズヒップオイルを試してみて。
ローズヒップオイルは上表にある美白成分リノール酸を含みます。

眠る前に塗ると、段々とそばかすが薄くなります。日焼けしない事が大前提です。

肝斑
肝斑も多くの女性を悩ませています。
原因は睡眠不足や喫煙習慣、ストレスによる女性ホルモンの乱れからでます。
30代から出るようになるのは、体力的に弱くなってくるからでしょう。

ケアにはポリフェノールやトラネキサム酸配合のサプリメントが有効です。
スキンケアはレチノイン酸トコフェリルやハイドロキノン配合の化粧水やクリームでおこなってください。

早い方では3か月ほどで症状が改善されます。
ちなみに、肝斑の場合はレーザー治療だと悪化します。注意しましょう。

花弁状色素斑
背中に出るぽつぽつシミも気になりますね。シミ一つ一つが花びらのような形をしているので花弁状色素斑といわれます。
海に行く時は日焼け止めを念入りに。

帰宅後は、ほてりを抑えるためのカーマインローションでケアします。
ビタミンCのサプリメントで傷んだ細胞を修復。
あとは、日焼け後の肌乾燥を避けるためにボディクリームで保湿をたっぷり。

予防にも、できたシミにも効果大です。

脂漏性角化症
最後にイボのようなほくろ。脂漏性角化症です。盛り上がっているものは、とても気になりますね。また盛り上がることで刺激を受けるので悪化させてしまうことがあります。

あまりに大きくなったものは悪性の可能性がありますので、皮膚科で診てもらいましょう。良性のものはレーザーでとることが可能です。

刺激を与えると大きくなりますので、どうしても触ってしまう箇所にある場合はレーザー治療を検討してください。

過度に触るのはいけません。ハトムギ化粧水、ハトムギ化粧品でスキンケアしましょう。同時にビタミンCを体に導入して、肌代謝を助けます。そのうち、ポロリと取れたりいつの間にかなくなったりすることがよくあります。

参考 : 日本初!プラセンタの10倍配合のシミ・シワ対策のオールインワンジェルの効果は?

 

シミ・そばかすに効果的な食材は?

ズバリ、ビタミンA、C、Eを含む食材です。
これらは美白や抗酸化に力を発揮し、血行を良くして代謝を整え、免疫力を高めてくれます。

サプリメントで取るのも有効ですが、普段の食事からも積極的に取り入れたいですね。

おすすめなのはスムージーです。
飲み物として水分も一緒に取れる上に、ビタミン群を体に素早く吸収させます。

シミに効果的なグリーンスムージーの材料です。
ほうれん草、黄パプリカ、キウィフルーツ、ゴーヤ、はちみつ、レモン汁、水。これらをジューサーにかけて混ぜるだけ!

ゴーヤと黄パプリカは少なめに、はちみつ多めが美味しく作るコツです。

注意:主食は控えめに。
ご飯、パン、麺などの糖質は様々な肌トラブルの原因になります。
シミやくすみを防ぎたいなら糖質は控えめに・・・。

白米のかわりに玄米や大麦を取り入れると良いでしょう。
特に大麦は美白効果が高いので、体内からのケアが重要なそばかすにも有効です。

スキンケアと組み合わせて、シミやそばかすを排除しましょう。

 

シミを作らないための生活は?

シミのできる主な原因は肌のターンオーバー異常を引き起こすストレスや、喫煙、睡眠不足などが原因だとご説明しました。肝斑に関しては女性ホルモンの乱れが原因です。

女性ホルモンの乱れもストレスや睡眠不足、内臓疾患などから起こります。やはりストレスのない生活を送るのが、シミを作らない近道と言えるでしょう。

とはいえ、ストレスを抱えない生活は難しいです。

リラックスタイムを作る。ゆっくり入浴して体や心をほぐす。
適度な運動。ヒーリング音楽を聴く。など、幸せなひと時を楽しみましょう。自分の体を癒せるのは、自分だけです。

また、睡眠の質が悪いと肌を再生できなくなります。
睡眠は自律神経もつかさどりますので、良質の睡眠が美肌には必須です。

まず、起きる時間を一定の時間にしましょう。体内リズムを整えます。すると、自律神経が正常に働くようになります。

部屋の灯りは暗くしてください。わずかな光でもまぶたから目に入ると、脳を刺激してしまいます。
夜のお肌のスキンケアを済ませたら、眠る前はスマートフォンを見ないように。

スマートフォンやパソコンは交感神経を刺激して、興奮状態にします。つまり、リラックスできていない状態を招きます。
肌だけでなく、精神状態も危うくしますので気をつけましょう。

日常生活に運動を取り入れるのは、シミだけでなく美肌全般に効果的です。

ちょっとしたストレッチ、ウォーキング、姿勢を正す。

スポーツジムに行かなくてもいいんです。ちょっとした運動を心がけましょう。

そばかすは遺伝的なもので、すでに体の中にあるものです。ですが、日焼けを避けることで薄くすることが可能です。一年中、日焼け止めを使いましょう。

 

まとめ

10代の頃、真っ黒に日焼けしていた私。
一緒に日焼けを楽しんだ友人の背中には花弁状色素斑が・・。

それからビタミンCサプリメントを飲み、ボディの保湿を続けました。
現在、私の背中にはシミはありません。

もし、これからできたとしても必ず克服します。
シミ・そばかす?

「絶対にあきらめない!」 このおまじないでキレイになりましょう!

あなたにおすすめの記事

✔ ターンオーバーを理解してお肌を生まれ変わらせる方法

✔ 日本初!プラセンタの10倍配合のシミ・シワ対策のオールインワンジェルの効果は?

\ SNSでシェアしよう! /

美style(美スタイル) | 美しく活躍する女性を応援するWebマガジンの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美style(美スタイル) | 美しく活躍する女性を応援するWebマガジンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • リンパの流れを良くしてスッキリボディを手に入れよう!

  • 短期間でお腹の脂肪を減らす方法はズバリこれ!

  • 顔の乾燥対策していますか?乾燥から守る効果的な方法

  • 顔を短期間で小さくするマッサージの方法

  • ニキビ跡の消し方!ニキビの種類別に消し方が違います

  • 乾燥肌に必要な基礎化粧品の役割と正しい使い方【基礎化粧品の基礎知識】