1. TOP
  2. スキンケア
  3. 毛穴の開きを改善してスベスベ美肌を手に入れる方法

毛穴の開きを改善してスベスベ美肌を手に入れる方法

 2017/09/06 スキンケア 美容
 

化粧やスキンケアの際に気になる毛穴の開き。実は、この毛穴の開きは肌質によって原因が違うということをご存じでしょうか?

老化による毛穴の開き以外、毛穴の開きの主な原因は乾燥にあり、肌質によって乾燥の仕方が変わります。

では、肌質によって乾燥はどのように変わるのでしょうか?また、その改善方法や、日常で気をつける点など、毛穴の開きを改善する方法についてご紹介したいと思います。

 

毛穴が開いてしまう原因

毛穴が開く原因は「乾燥肌」「老化」「オイリー肌・混合肌」で異なります。それぞえ、どのような原因があるのでしょうか?さっそく見て行きたいと思います。

1.乾燥肌の方が毛穴が開く原因

乾燥肌の方の毛穴が開いてしまう原因は、乾燥による皮脂の過剰分泌です。乾燥肌の方は、肌表面が乾燥した状態です。

肌が乾燥すると、乾燥から皮膚を守ろうと皮脂が過剰に分泌され、皮脂の出口である毛穴が開いてしまうのです。

では、なぜ乾燥すると皮脂は過剰に分泌されるのでしょうか?

そこには、皮脂が持っている大きな役割が関係しています。普段、皮脂は汗と混ざって皮脂膜という膜を作り、私たちの肌を覆っています。

皮脂膜は、

  • 外部からの汚れや紫外線、刺激物などから肌を守る
  • 肌の水分が外に出ないように保護する
  • 皮膚のPHバランスを弱酸性に保ち、有害になる菌をよせつけない

という働きをして、私たちの肌を守ってくれています。

しかし、肌が乾燥すると、これらの機能が弱まり、肌に大きなダメージを与えてしまうのです。これを防ぐために、皮脂は分泌されるのです。

2.老化による毛穴の開き

私たちの皮膚は、コラーゲンとエラスチンによって肌の弾力やはりを保たれています。しかし、年齢を重ねるごとにこの二つは減っていき、肌はたるんでしまいます。

肌がたるむと、毛穴も同時にたれて大きくなってしまいます。

これを放置しておくと、開いた毛穴がつながって縦に長い毛穴になってしまうため、早めのケアが必要です。

3.混合肌やオイリー肌の毛穴の開き

混合肌やオイリー肌のかたは、肌の表面は脂でテカテカしているのに、肌の内部は水分が不足しているインナードライになっている方が多く、これによって毛穴が開いてしまいます。

乾燥肌が、皮膚表面の乾燥であるのに対して、インナードライは、毛穴にそって肌の内壁と毛穴周辺の皮膚が乾燥している状態です。

これは、汚れや皮脂が毛穴の内壁にこびりつき、皮脂が肌まで行き届かないため毛穴周辺が乾燥してしまうためにおこる症状です。皮膚は乾燥したままなので、皮脂は過剰に分泌され毛穴が広がってしまうのです。

  • 化粧のりが悪い
  • 小じわが気になる
  • 肌のきめが荒い
  • 毛穴汚れが気になる
  • ニキビが気になる

このような症状がある方はインナードライです。

 

毛穴の開きの改善方法

1.乾燥肌の毛穴の開き

乾燥肌の方が毛穴の開きを改善するためには、洗顔と保湿ケアに気をつけましょう。生活の中で、肌の水分を一番失うのが

1位 クレンジング
2位 洗顔

です。

私たちが普段おこなっているクレンジングや洗顔は、汚れや化粧とともに私たちの肌に大事なものも洗い流してしまうのです。その大事なものとは、私たちの肌の水分量を保っている細胞間脂質天然保湿因子皮脂の3つです。

しかも、洗顔やクレンジングで失われた水分を元の量に戻すには24時間もかかります

ですから、朝の洗顔で洗顔料を使ってしまうと、せっかく作っている物も洗い流してしまうことになるため、朝の洗顔は水かぬるま湯ですすぐ程度にしましょう。

しかし、メイクや酸化した皮脂でよごれた夜は、洗顔を水かぬるま湯で済ませるわけにはいきません。そこで、重要になるのが正しい洗顔法と保湿ケアです。

正しい洗顔法は、こちらを参考になさってください。

正しい洗顔の仕方

この際、注意する点は、以下の4点です。

  • 洗顔は皮脂を余分にとらないために水かぬるま湯を使う
  • 洗浄力の強い洗顔フォームは皮脂を取り過ぎるため使わない
  • 肌を傷めないように、スクラブ入りの洗顔フォームは使わない
  • 界面活性剤は乾燥を招くので無添加洗顔料を使う

保湿で気をつけたいのは、洗顔から5分以内の保湿をするということです。洗顔後の肌は、細胞間脂質が流され乾燥が進んでいます。できるだけ早く保湿をして、水分の流出をとめましょう。

また、乾燥しているからと乳液やクリームを沢山ぬるのはやめましょう。保湿に必要なものは、クリームではなく水分です。保湿効果の高い化粧水をたっぷりぬり、最後に水分をとじこめる為のクリームを薄くのばしましょう

美容液は、肌の乾燥がひどい時にだけ化粧水のあとにぬりましょう。

2.老化による毛穴の開き

老化による毛穴の開きが気になる方は、顔のたるみを解消する必要があります。たるみを予防するには、以下のことに気をつけましょう。

「紫外線予防」

紫外線にはUVA波とUVB波があり、UVA波は窓や雲を突き抜けて私たちの肌に到着します。肌に到着したUVA波は、真皮層にまで達して、肌のハリや弾力をたもつコラーゲン、エラスチンを破壊してしまいます。

深いしわ

これによって肌はたるんでしまいます。

これを防ぐためには、曇りの日や、室内でもPAの入った日焼け止めを使い紫外線予防をしましょう。

「生活習慣の改善」

次に生活習慣の改善も、肌のはりを保つためには必要です。

  • 睡眠時間を7時間以上とる
  • ハリを出す食品を摂取する
  • ストレスをためない

を心掛けましょう。肌は睡眠中に作られるため、毛穴の開きのない肌作りには睡眠は不可欠です。

肌のはりを取り戻す栄養素は、

  • ビタミンEの多い食品(アユ、にじます、ナッツ類、うなぎ、かぼちゃ、大根の葉)
  • ミネラル(海藻、野菜、くだもの)
  • コラーゲン

です。これらを積極的に摂取しましょう。

「姿勢をよくする」

姿勢が悪いと、血流が悪くなり肌に栄養が行き届きません。姿勢が気になる方は、腰を前にだす習慣をつけましょう。簡単なことですが、これだけで姿勢はよくなります。

「エイジングケア化粧品を使う」

たるみを改善するためには、レチノールやビタミンC誘導体の入った化粧品を使いましょう。

レチノールとはビタミンAのことで、コラーゲンやエラスチンの生成を促す効果があり、たるみやシワに効果を発揮してくれます。

また、皮脂の分泌を抑制する働きもあるため、皮脂分泌の過剰による毛穴の開きも改善されます。その他、しみ、ニキビ跡、くまの解消にも効果がある万能成分です。

ビタミンCには、コラーゲンの生成を助ける効果があるため、肌のはりを取り戻し、たるみやシワの改善を見込める成分です。

しかし、ビタミンCは、熱に弱く、水に溶けやすいため、肌にとどきにくいという弱点があります。そこで、ビタミンCを肌内部に届けるために作られたものがビタミンC誘導体です。

これらの力を借りることで、肌のはりを取り戻しましょう。

「表情筋を鍛える」

たるみによる毛穴の開きは、表情筋を鍛えることで改善できます。顔の筋肉が衰えると、たるみや毛穴の開き、シワの原因にもなりますので、いつまでも若々しい印象をもたれるためにも、表情筋を鍛えましょう。

表情筋に効果のある方法を3点、ご紹介します。

たった1分で顔のたるみを解消するマッサージ方法とは?

半分やって鏡をみるとラインが変わっているのが分かります。ぜひ、お試しください。ただし、マッサージは力の入れ過ぎや、違う方向に肌を引っ張る事はシワの原因になりますので注意しましょう。

宝田式ひふみエクササイズ

宝田式舌回しエクササイズ

短時間でできるのに、顎周りが痛くなるほど効果のあるエクササイズです。

以上が、表情筋を鍛えるエクササイズでした。1日1個でも効果的です。自分に合ったものを続けましょう。

3.混合肌・オイリー肌の毛穴の開き

混合肌やオイリー肌の方がインナードライを解消するには、クレンジングにはオリーブオイルを使いましょう。オリーブオイルには、

  • 毛穴のつまりを溶かす
  • オリーブオイルの主成分であるオレイン酸が肌を乾燥から守り、つやのある状態にする

という効果があります。

一般のクレンジングには石油由来の成分が含まれており、これらが毛穴につまるといわれています。毛穴がつまると、分泌された皮脂が外にでようとして毛穴が大きくなる一方ですから、クレンジングを変えることが必要です。

また、洗浄力が強いクレンジングは皮脂をとりすぎてしまうため乾燥の原因になります。乾燥も皮脂の過剰分泌による毛穴の開きをまねきますので、この点でもオリーブオイルがオススメです。

洗顔料も同様に洗浄力の強いものは避け、無添加のものを使い乾燥を防ぎましょう。

保湿ケアは、毛穴をひきしめるタイプのさっぱりタイプを使いましょう。

 

間違った毛穴ケア

1.クレンジングにシリコンオイルの入ったものを使っている

シリコンオイルは毛穴のつまりとなり毛穴を広げてしまいます。

「メチルフェニルシリコーンオイル」や「環状ジメチルシリコーンオイル」といった成分が書かれたものはシリコンが入っていますので注意しましょう。

2.脂とりがみなどで皮脂のケアをかかさない(オイリー肌の方)

脂とり紙で皮脂をとると、肌が乾燥状態だと勘違いして、余分に皮脂を分泌されてしまいます。
テカリが気になった時は、皮脂をとった後に化粧水とクリームできちんと保湿をすることで、皮脂の過剰分泌を防げます。

3.1日に何度も洗顔する

洗顔は皮脂をとりますので、1日に何度も洗顔をすると肌が乾燥して皮脂分泌を多くする原因になってしまいます。洗顔は朝、夜の2回だけで充分です。

汗をかいた時は洗うよりも、すぐに拭きましょう。

4.化粧品を落とす際、クレンジングシートや拭きとりタイプのものを使う

化粧落としをクレンジングシートや拭きとりタイプのものにすると、毛穴のつまりの原因になります。毛穴をふさいでいる化粧品はクレンジングでしっかり洗い流しましょう。

5.朝の洗顔は水かお湯で済ませる(オイリー肌の方)

オイリー肌の方は睡眠中にでた皮脂が酸化して毛穴をふさいでしまいます。毛穴がふさがれて毛穴が広がる原因にもなりますので、朝は洗顔料を使って洗いましょう。

この際、熱いお湯を使うと乾燥を招きますので水かぬるま湯を使いましょう。寒い日は、37℃以下のお湯で洗うといいでしょう。

6.化粧水で長時間パック

長湯や、化粧水を使った長時間のパックをすると、肌がふやけて角質層の保湿成分が流出してしまいます。そのため、お風呂あがりやパックの後は、肌がどんどん乾燥してしまうので避けましょう。

もし、寒くてどうしても長湯になってしまう場合は、38度のお湯につかりましょう。入浴後はすぐに保湿することで乾燥を防げます。

7.肌に浸透するクリームやオイルを使う

肌への浸透がいいクリームやオイルを過度に使うと、保湿成分である細胞間脂質のバランスが乱れ、バリア機能が弱くなってしまいます。

乾燥が気になる方は、クリームを化粧水の上に薄く伸ばすか、肌に浸透しないワセリンを使いましょう。

 

オススメの洗顔料

洗顔料にはよくある泡洗顔タイプとクレイ(泥)洗顔タイプがあります。泡洗顔料で気を付けなければならないのは、合成界面活性剤(石油系)が入っていることが多いということです。

合成界面活性剤は、石油から生成され、強力な洗浄力がある分、本来肌のバリア機能として必要な皮脂まで洗い流してしまうことです。とくに敏感肌の方は注意が必要です。一生懸命洗顔することがかえって肌の状態を悪くしてしまうこともあります。

クレイ(泥)洗顔料は、泡の粒子より細かいので泡では入っていけない毛穴の奥までクレイ粒子が入りこみ、汚れを吸着して浮き上がらせてくれます。また、クレイ洗顔料は合成界面活性剤を使用していないので肌にやさしく、必要以上に肌の潤いを奪うことがありません

販売実績や使用した人の満足度、割引・特典などを考えると、「くろあわわ」がおすすめです。

  • 1050万個の販売実績
  • 泥洗顔料のなかで5年連続第1位
  • 利用者満足度は驚きの98%
  • 肌にやさしい無香料、無着色、無鉱物油、石油系界面活性剤不使用
  • 「豆乳発酵液」配合でしっとりなめらか
  • コラーゲン、ヒアルロン酸、黒砂糖エキス配合でしっかり保湿
  • 毛穴の開きだけでなく、くすみ、ニキビにも適した洗顔料

初回半額で1,490円(送料無料)で試しやすいのも魅力です。途中休止、解約にも応じてもらえるところも安心です。

くろあわわ

 

注意すべき日常生活は?

毛穴の開きは、日常生活を変えることでも改善できます。そこで、毛穴の開きを改善する生活習慣をご紹介したいと思います。

1.睡眠は7時間とる

肌は睡眠中につくられます。その他、水分を保持する細胞間脂質、NMF(天然保湿成分)も寝ている間に生成されますので、睡眠をしっかりととることが重要です。

22時~2時の間に肌の再生が行われるため、この時間に睡眠をとるようにしましょう。

睡眠前の運動や食事は、回復作業や消化作業によって肌の生成に負担がかかります。運動などは寝る2時間前に済ませましょう。

2.ストレス発散

ストレスは、脳の働きをにぶらせて女性ホルモンの分泌を悪くします。女性ホルモンの分泌が悪くなると男性ホルモンの影響が強くなり、皮脂の分泌が多くなり毛穴が開く原因に。

日ごろから、音楽やアロマ、マッサージ、カラオケなどを利用してストレスをためない生活を送りましょう。

3.バランスの良い食事

偏った食事では、肌に必要な栄養が不足してしまいます。炭水化物、タンパク質、適度な脂質をいれたバランスの良い食事をとりましょう。

また、肌に良い以下のような食品も一緒にとりましょう。

  • たるみを防ぐビタミンA(うなぎ、レバー、バター、チーズ、卵、緑黄色野菜)
  • コラーゲンの生成を助けるビタミンC(かんきつ類、野菜、いも)
  • 肌の新陳代謝を高めまるビタミンB(うなぎ、レバー、豚肉、パプリカ、ねぎ、かつお、まぐろ)
  • はだにハリをだすビタミンE(アユ、にじます、ナッツ類、うなぎ、かぼちゃ、大根)
  • 皮膚を健康に保つに亜鉛(かき、うなぎ、しじみ)

全てを摂ることは難しいので、ムリのない範囲で食事に取り入れましょう。

4.適度な運動

適度な運動には、ストレス発散や血行を促進する働きがあります。一駅分のウォーキングや、朝や夜、仕事の合間のストレッチなど、簡単なものを続けてみましょう。

全身の血流を良くするために

1分で出来る全身ストレッチです。職場でもできますのでオススメです。

 

まとめ

いかがでしたか?毛穴の開きについてご紹介しました。

毛穴の開きは、肌質によって原因がことなり、それぞれに合う対処法が必要です。

乾燥肌の方は、

  • 正しい洗顔方法
  • 保湿は洗顔後5分以内
  • 乳液やクリームは薄く伸ばす程度にする
  • 美容液は乾燥がひどい時だけにする

という点に注意しましょう。

混合肌・オイリー肌の方は、

  • クレンジングをオリーブオイルにする
  • 洗顔料を無添加のものにする
  • 保湿は毛穴をひきしめるさっぱりタイプのものにする

という点に注意しましょう。

老化による毛穴の開きがきになる方

  • 紫外線予防
  • 生活習慣の改善
  • 姿勢をよくする
  • エイジングケア化粧品を使う
  • 表情筋を鍛える

という点に注意しましょう。

正しい洗顔は、乾燥肌だけでなく、他の方も美しい肌をたもつために必要です。動画を参考にお試しください。以上が、毛穴の開きを改善する方法です。

お肌にやさしい「くろあわわ」も試してみてはいかがでしょうか。

くろあわわの詳細を見てみる >>

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

美style(美スタイル) | 美しく活躍する女性を応援するWebマガジンの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美style(美スタイル) | 美しく活躍する女性を応援するWebマガジンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 吹き出物ができる原因と対処法。早く治したいあなたに最適な方法は

  • 自分でできる【10歳若返る方法】若返りに大切な5つの要素

  • 自分でできるリンパマッサージのやり方【画像・動画解説付き】

  • あごにできるシワが気になる!ボコボコしたシワの解消方法

  • 便秘を改善してスッキリする方法。食事法やマッサージ

  • 毛穴の開きを治したい!開き毛穴の原因と治し方