1. TOP
  2. ダイエット
  3. ダイエットしているのに何で痩せないの?痩せない理由と効果的なダイエット法

ダイエットしているのに何で痩せないの?痩せない理由と効果的なダイエット法

 2017/10/03 ダイエット 美容
 

ダイエットを続けて1ヶ月以上経っているのに変化が見られない・・・
さまざまなダイエット方法に挑戦してみたけれどうまくいかない・・・
ダイエットに成功したと思ったのに、リバウンドしてしまった・・・

このように、「ダイエットをしているのになかなか痩せられない」とお悩みではありませんか?

ダイエットをしているのに痩せない理由のほとんどは、間違った方法でダイエットを行なっていることです。

正しく効果的なダイエット方法を行い、今度こそはダイエットを成功させましょう。

 

ダイエットしても痩せない理由

「ダイエットしているのに何で痩せないの?」、「ダイエットをしているのになかなか痩せられない」というお悩みを解決するには、まずはその原因や理由を解明する必要があります。痩せない原因や理由が分かれば、より効果的なダイエット方法に切り替えることができるからです。

ダイエットしても痩せない理由には、主に、食事内容・運動不足・目標設定の3つがあります。

食事内容が原因で痩せない場合

自分なりにダイエットの目標に向かって、運動もして頑張っているのに痩せないという場合には、食事内容が原因です。カロリーばかり気にして栄養素や糖分、脂分を考慮していなかったり、就寝前の遅い時間に食べたりすると、ダイエット効果が下がってしまいます。

運動不足が原因で痩せない場合

上記とは異なり、食事制限を行うなど食事内容に気をつけているのに痩せないという場合には、運動不足が原因です。特にデスクワークなどをしていて普段あまり体を動かさない人は、日々のカロリー消費量が低くなります。毎日通勤で歩いているから大丈夫だと思っていても、歩くだけでは意外と運動不足になっていることがあります。

目標設定が原因で痩せない場合

食事に気をつけて、日常的に運動を行なっているのに痩せないという場合には、そもそものダイエットの目標設定が合っていないという可能性があります。「短期間で一気に体重を減らしたい」、「既にダイエットに成功したけれどもっと痩せたい」などと考えている場合は、それは本当に必要なダイエットなのか一度見直してみましょう。

 

ダイエットで効果的に痩せる方法

効果的なダイエットを行うための鍵となるのが食事・運動・目標です。そのため、この3つのうちのどれか一つでも間違ったダイエット方法を行なっていると、効果が出にくくなってしまいます。

ダイエットに効果的な食事や運動、目標設定をすることで、今まで悩んでいたのが嘘のように順調にダイエットを進めることができるようになります。

ダイエットに効果的な食事

ダイエットに効果的な食事で大事なことは、食事内容のバランスです。カロリーだけを気にしていても長期的な効果は出にくく、厳しいカロリー制限は栄養失調やリバウンドのもとです。無駄な脂分や糖分の摂取を控え、五大栄養素とよばれるたんぱく質・脂質・炭水化物・無機質・ビタミンをバランスよく摂取することが、ダイエットの成功につながります。

ダイエットに効果的な運動

ダイエットに効果的な運動をするためには、発汗量よりも意識しておきたいことがあります。それは、適度な筋肉をつけて代謝を上げることです。

運動で汗をかいた後に体重を計ると痩せていることがありますが、水分補給をするとすぐに元に戻ってしまいます。運動をするたびに一喜一憂するのではなく、無理なく運動を続けて筋力をつけることがダイエットの近道です。

ダイエットに効果的な目標設定

目標がないままただ痩せたいと思っているだけでは、痩せられずに時間だけが経っていく場合がほとんどです。痩せたい動機に合わせて「◯月までに◯キロ痩せる」などという具体的な目標を設定すると、ダイエットがはかどります。

また、すでに標準体重以下でダイエットの必要がないのに痩せようとするのは、健康を損なうこともあるので控えた方が良いでしょう。

 

効果的に痩せる食事方法

先ほどは、食事・運動・目標が効果的なダイエットを行うための鍵であり、ダイエットに効果的な食事で大事なことは、食事内容のバランスであるとお伝えしました。そこで、バランスの良い食事内容にプラスして、さらに効果的に痩せられる食事方法をお教えします。

効果的なダイエットを行うためには、バランスの良い食事内容は欠かせません。食事内容に加えて食事方法に関するいくつかのポイントを抑えることで、より効果的に痩せることができます。

食事時間

夜遅くや就寝直前の食事は控え、就寝2時間前までには済ませておきましょう。

食事回数

間食を含めて1日2〜5食の間で自分に合った回数にしましょう。回数が多い場合は、1食の量を減らします。

間食

間食を取る場合には、ケーキやスナック菓子など糖分や脂分、塩分の多く含まれているものではなく、果物やナッツ類を食べましょう。

痩せやすい食材

揚げ物やファーストフードなどダイエットに逆効果な食品は避け、野菜や魚介類、豆類などカロリーが低めで栄養価の高い食材を積極的に摂りましょう。

水分補給

人間の体には、体内の水分が不足するとお腹が空いているわけではないのに無性に何かを食べたくなってしまう仕組みがあります。無駄に食べてしまうのを防ぐためにも、こまめに水分補給をしましょう。

 

効果的に痩せる日常生活

ダイエットで確実に痩せるためには、ダイエット生活を日常生活にうまく取り入れて無理なく続けられることが大切です。何気ない日常生活の中で効果的に痩せることができたら、とても楽しく嬉しい気持ちで普段の生活を送ることができます。

逆に、厳しい食事制限や急な絶食や断食、激しく辛い運動などは長続きしませんし、自然な形で日常生活に取り入れるのも難しいです。

無理のない食生活を続けるとともに、楽しく続けられる運動をすることがポイントです。休日にウォーキングやジョギングに出かけたり、スイミングやヨガなどの運動系の習い事を始めたりするのも良いでしょう。

しかし、日々の仕事や家事で忙しく、運動する時間を作れないという場合には、日常生活の中で体を動かすことを意識してみましょう。

また、楽しく続けられる運動にプラスして、ストレスを溜めないこと十分な睡眠時間を確保することも日常生活の中で効果的に痩せるためのポイントです。

ストレスや疲労が溜まることで、食事が偏りがちになったり、ストレス発散でどか食いをしてしまったり、疲れすぎて食べられなくなったりするなど日常生活に支障をきたしてしまうこともあるからです。

運動が苦手であまり積極的に取り組めないという場合は、無理にランニングなどの運動を行おうとする必要はありません。

その代わりに日常生活の中で、エスカレーターを使わずに階段を使う・駅までバスに乗らずに自転車に乗る・仕事の合間に簡単なストレッチをするなどの、ちょっとした運動を増やしていきましょう。

 

リバウンドしてしまう原因は?

ここまで、ダイエットをしているのに痩せられない理由や効果的なダイエットのポイントについてお教えました。最後に、ダイエットで痩せたはずが結局リバウンドしてしまう原因について説明します。

減量後にリバウンドしてしまう最大の原因は、極端な方法でダイエットを行ってしまうことです。1ヶ月という短期間で急激に5キロ以上減らすような場合は、リバウンドする可能性が非常に高くなります。どんなに速いペースでダイエットを行なったとしても、1ヶ月で3キロ以内の減量に抑えましょう

特に速いペースでの減量をするために、運動量はあまり増やさないまま食事量を減らしてしまうと、筋肉量の低下につながるので非常に危険です。運動不足と栄養不足の両方が引き起こされると、リバウンドしやすいだけでなく将来的に骨粗しょう症となり骨折しやすくなります。

リバウンドを防ぐためには、時間的・精神的・肉体的に余裕のあるダイエット計画を立て、1ヶ月に3キロ以内の範囲で焦らず徐々に減量を進めていくことがポイントです。

また、食事量を減らすだけのダイエットではなく、食事・運動・目標のバランスが取れたダイエットを行うことでリバウンドを防ぐことができます。

 

まとめ

ダイエットをしているのに痩せないのは、間違った方法でのダイエットが原因です。

運動をせずに極端な食事制限だけに頼り、あまりにも急激に痩せようとするのは禁物です。

余裕をもったダイエット計画を立て、リバウンド知らずのダイエットを成功させましょう。

あなたにおすすめの記事

✔ 【酵素ダイエットのやり方】効果的に痩せるための方法とポイント

✔ 糖質制限ダイエットに必要な食物繊維はおいしい青汁が有効

✔ 「ダイエット」の人気記事まとめ

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

美style(美スタイル) | 美しく活躍する女性を応援するWebマガジンの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美style(美スタイル) | 美しく活躍する女性を応援するWebマガジンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • あごにできる大人ニキビを治したい!あごニキビの原因とケア方法

  • しわの原因と効果的な対処法【後悔しないスキンケア対策】

  • 冷え性を改善する方法。効果のある方法は食事の改善から!

  • 糖質=甘いもの は大間違い!【糖質制限の基礎知識】

  • プエラリアのバストアップ効果と注意すべき副作用

  • ターンオーバーを理解してお肌を生まれ変わらせる方法